「祈りの形」

コンセプト

東北伝承切り紙「きりこ」。幾度となく災害に見舞われてきた土地で、毎年、新しく刻まれる祈りの形。神様の依代として、あちら側とこちら側をつなぐ役割を果してきたきりこを通して、異なる世界に想像してみましょう。

 

宮城県南三陸の上山八幡宮の代々受け継がれている型を特別にお借りし、大きなきりこのパーツの一部をみなさんに刻んでいただきます。

 

刻む、祈る。幾年もの時を超えて、繰り返されてきた行為を重ねます。

 

それぞれの場所・時間で刻んだきりこの断片が、<展示会場>に集まって型となったとき、きりこは何を宿すのでしょうか。一緒に体感しましょう。

準備するもの

カッターナイフ、カッターマット、半紙、定規、クリップかマスキングテープ、A3で出力したきりこ

やってみる

1.フォームから参加申し込みをし、Eメールで「きりこの型の一部」のPDFデータを受けとってください。

2.「きりこの型の一部」をA3で印刷してください。

スマートフォンを使って、コンビニ複合機で印刷するには、専用アプリのインストールが必要です。

*セブンイレブン⇒netprint 

*セブンイレブン以外のコンビニ⇒PrintSmash 

 「A3」「用紙サイズに合わせない(拡大縮小しない)」で印刷してください。

3.カッターナイフ、カッターマット、定規、マスキングテープ、半紙など切るための道具を準備してください。

4.切る前に環境を清めてください。 周囲を片付けたり、窓を開けて空気を入れ替えたり・・・

5.

①A3で印刷した型をトンボで切ります。

②型の上に半紙を重ね、クリップかマスキングテープで止めます。

③カッターの刃は1目盛分だけ繰り出します。切れ味が悪い場合は先端を折ります。直線は定規を使い、力を入れ過ぎないように、刃を紙に軽く当てて切ります。

6.言葉を書いて投稿してください。(本展示のアーカイブとして使用いたします。)制作中に考えたこと、思い出したこと、心の動き、記憶に残った瞬間、印象に残ったことを書き留めてください。

 

投稿ページから書いて送ってください。

名前(アーカイブにのせてよい名前・ニックネーム可)、日付、場所、時間を記入してください。

7.きりこを送る。(送り方はこちら)

*TURN on the EARTH展への展示を希望される場合、8/29(土)必着です。

*お送りいただいた作品は返却いたしません。

​*何度でもご参加いただけます。

郵送で送る

<送ってほしいもの>

・きりこ

<作品の送り先>

ちきゅうのこだま宛

〒110-0002

東京都台東区上野桜木1-7-5 ハウス上野の山 B1

東京藝術大学 美術学部 DOOR

TEL/FAX:080-5834-7938

10:00-17:00の時間指定でお願いいたします(火・水休)

記載された宛先にご送付ください。

【ご注意】

・作品は元払いで送付してください。(着払いの場合受け取れません)

・作品の素材に以下のものが含まれていると美術館に展示が出来ませんのでご注意ください。

①:食品/②:植物/③:湿ったもの/④:製品化されていない動物製のもの(原毛など。毛糸はOK) /⑤:①−④が付着したもの

・お送り頂いた作品は返却いたしません。予めご了承ください。

データで送る

<送ってほしいもの>

​・きりこの写真

・制作中に感じた言葉

<作品の送り先>

<こだまを送る>のページにて投稿してください。

アーティスト:瀧口幸恵

  • Facebook グレーアイコン
  • Instagram グレーアイコン
  • Vimeo グレーアイコン