「Thread journey / 糸の旅」投稿こだま

藝大美術館

「Thread journey/糸の旅」のワークショップに参加した方から送られてきた、糸玉の写真のデータと、五十嵐からの質問の回答を書いたテキストを掲載していきます。

アートプロジェクト「Thread journey / 糸の旅」は、新型コロナウイルス感染症の影響で移動や人と会うことが制限される今、糸を巻き、その糸玉を送ることで参加できます。

家であなたが巻いた糸玉があなたの代わりに旅をします。糸を巻くことでの内面的な旅、その糸玉を送ることで物理的な旅、2つの旅を試みます。世界中の誰もが参加対象者です。

​ここでは以下の質問の回答と作った糸玉を掲載していきます。

1〈あなたの国(自分が育った国)〉
2〈あなたの地域(自分が育った地域)〉
3〈あなたの山(自分が育った山)〉
4〈あなたの川(自分が育った川)〉
5〈あなたの海(自分が育った海)〉
6〈あなたのコミュニティ(部族や自分が育ったコミュニティ)〉
7〈あなたの母の名前〉
8〈あなたの父の名前〉
9〈あなたの名前〉
10〈あなたの年齢〉
11〈あなたの身長〉
12〈あなたの今行きたい場所〉

    5     10 11 12

NWJCG-Hannah.JPG

1:Northern Ireland

2:Colerain

3

4:River Bann

5

6

7

8

9:Hannah

10:6 years old

11:122 cm

12

NWJCG - Helen.jpg

1:Fukushima Japan / Northern Ireland

2:Soma / Carrickfergus

3:Karo san / Cave Hill

4:River Lagan

5:Matsukawa Ura / North Atlantic

6:Japanese / British community

7:Yoriko

8:Arthur

9:Helen

10:15

11:165 cm

12:Japan 🙂

NWJCG-Yoriko.jpg

1:福島県 / Northern Irealdn

2:相馬 / Carrickfergus

3:天明、鹿狼山

4:宇田川

5:松川浦 / North Atlantic

6:家族や仲間と田舎のコミュニティ

7:たけこ

8:つねと

9:よりこ

10:47

11:161 cm

12:透き通る海 雪の山

NWJCG-Enri.JPG

1:Japan

2:Fukuoka

3:Mount Aso

4:Onga River

5:Wakamatsu Kaigan

6Kitakyushu no Renchu-

7:Mary O'Kane

8:Tommy McCay

9Enri Mac Aodha

10:71

115 foot 7 inches

12:A near-by beach

NWJCG-Clare.JPG

1:日本

2:福岡

3:見たことはないけど猿はいたそうです。

4:遠賀川

5

6

7純子

8エンリー

9:くれあ

10:27

11163

12:泳げるくらい暖かい海

NWJCG-Junko.JPG

1:人々が祭りのひがさを くるくるまわし、日が照りながら雨の降る国

2:山のあなたの空遠く、「幸」住むと人のいふ場所

3でっかい杉がうっそうと茂っていて神社がある。天狗もいそう

4:昔は石炭移送に使われたそうで、いまでも廃坑の鉱毒液が流れこんでいるという噂あり

5父母の遺灰を投げた海

6いろんなご縁で出会えた人たちだったり生き物だったり生き物でなかったり。

7雪の積もった田んぼに鶴が舞っているという名前

8日本一の山と同じ

9:英語ではKathleenだそうだ。

10:よく覚えていない。

11よく覚えていない。

12:体細胞の中。紀元元年ごろの日本とパレスチナ(イエスの顔が見たい)。トルコからxxxスタンとつくところ。韓国。台湾。沖縄

NWJCG-Micheal.JPG

1:JAPAN

2:Nakama Shi

3:Mount Fuji

4:Onga gawa

5:the dead sea

6LGBTQ

7:Okura Junko

8:Enri McCay

9Micheal McCay

10:25

115ft 9

12:a forest

NWJCG-Ciaran.JPG

1:Ireland

2:Burt

3:Burt Castle

4:The one beside the house

5:Burt beach

6Burt community

7:Manly Burt

8:Manly Burt

9Fantastic Mystical adventures

10:27ish

11Short enough

12:Somewhere I have not been

NWJCG-Eoghan.JPG

1:Ireland

2:Donegal

3:Drung hill

4:I have one but I don't know its name

5:The Atlantic

6Home Education Network

7:Jane

8:Frank

9Call me Jim

10:23, apparently

11Tall enough

12:Japan

NWJCG-Shunya.JPG

1:Ireland

2:Doire

3:Kailash

4:Ganga ma

5:Atlantic

6OSHO

7:Gaia

8:Shiva

9Shunya

10:21

116ft

12:Nippon

NWJCG-Eiko.JPG

1:日本

2:大阪

3:箕面の山、生駒山

4:箕面川、猪名川、千里川、淀川、道頓堀川

5:太平洋

6:家族、ご近所、今住んでいる地域の日本人コミュニティ、そして友人たち

7:みちこ

8:つねみ

9:エイコ

10:53

11157 cm

12:芸術・文化交流のあるところ、以前訪れたり過ごした所、地球上の最も安心して暮らせる場所

NWJCG-Michelle.JPG

1:Republic of Ireland, U.S.A.

2:Donegal, San Francisco

3:Mount Errigal

4:River Swilly

5:Pacific Ocean, Atlantic Ocean

6:Family, Japanese community in northwest, friends in school and university

7:Eiko

8:Martin

9:Michelle

10:21

11164 cm

12:Moon

01.JPG

1:日本

2:東京

3:富士山

4:荒川

5

6:家族

7

8

9:すみ子

10:84

11148

12:高野山

02.JPG

1:日本

2:東京

3:富士山

4:荒川

5

6:家族

7

8

9:すみ子

10:84

11148

12:高野山

03.JPG

1:日本

2:東京

3:富士山

4:荒川

5

6:家族

7

8

9:すみ子

10:84

11148

12:高野山

04.JPG

1:日本

2:東京

3:富士山

4:荒川

5

6:家族

7

8

9:すみ子

10:84

11148

12:高野山

05.JPG

1:日本

2:東京

3:富士山

4:荒川

5

6:家族

7

8

9:すみ子

10:84

11148

12:高野山

07.JPG

1:日本

2:東京

3:飯盛山(長野県)

4:荒川放水路(現荒川)

5:大磯の浜辺

6

7

8

9:清忠

10:

11

12:青森のブナ林

08.JPG

1:日本

2:東京

3:飯盛山(長野県)

4:荒川放水路(現荒川)

5:大磯の浜辺

6

7

8

9:清忠

10:

11

12:青森のブナ林

09.JPG

1:日本

2:東京

3:飯盛山(長野県)

4:荒川放水路(現荒川)

5:大磯の浜辺

6

7

8

9:清忠

10:

11

12:青森のブナ林